• 東京23区~埼玉県を中心に自転車出張修理は安心の安全整備登録店がトラブル解決!パンク修理、タイヤ交換、保険や点検等の総合メンテナンス及び販売は当社にお任せ下さい!
    パナソニックサイクルテック、ヤマハ発動機を始めとする電動アシスト自転車の販売もお気軽にお問い合わせ下さい。

危険事例

  • 安全ですか?
  • あなたの電動自転車は・・・

  • 自転車の異音は危険信号
  • こんなご依頼がありました!
  • 走行中の異音を気にしつつも使用していましたが、今朝、空気が抜けているので「保育園の送迎に大変困っている!」とのことでしたが・・・
  • 結果は単なるパンク修理では済まなかったのです。
  •  
  • 【 原 因 】
    ブレーキパッドの摩耗により金属部分が露出、車輪を深く削ってしまった。
  • 【 結 果 】
  •  亀裂からチューブが飛び出し爆発! 
  •  
  • ・その後、車輪及びタイヤチューブの交換となりました。
  •  
  • お客様は坂の多い地域にお住まいの為、もしもお子様を乗せた状態で下り坂を走行していたら大変危険な状況でした。
    電動アシスト自転車は一般車に比べて車両が重く、さらにモーターにより走行をアシストいたしますので、各パーツには大き負荷が掛かっています。
  •  
  •  安全走行には定期点検が必須です! 
  •  

電動自転車 修理料金の目安

下記料金は目安であり、出張エリア、メーカー、車種、型式により料金は変動いたします。
■パンク修理(チェック)

¥2,500 税込

・穴追加一か所 ¥300 税込
・虫ゴム交換 ¥300 税込
・スーパーバルブセット交換 ¥500 税込

※ チューブやタイヤに摩耗や劣化のある場合には交換となります。

■チューブ交換 前輪

¥5,300 税込~

■チューブ交換 後輪

¥5,800 税込~

■電動アシスト専用
 タイヤ交換  前輪
(チューブ付き)

【パナソニック】・ビビ・ギュット・アニーズ・ギュット・クルーム・ティモ・ギュット・ステージ ・
【ヤマハ】・パス・With・Babby un・Crew・Kiss Mini
【ブリヂストン】・ハイディー ・ビッケ・ステップクルーズ・フロンティア・カジュナ・アルベルト

¥7,800 税込~

・耐摩耗・強化タイヤ

■電動アシスト専用
 タイヤ交換  後輪
(チューブ付き)

【パナソニック】・ビビ・ギュット・アニーズ・ギュット・クルーム・ティモ・ギュット・ステージ
【ヤマハ】・パス・With・Babby un・Crew・Kiss Mini
【ブリヂストン】・ハイディー ・ビッケ・ステップクルーズ・フロンティア・カジュナ・アルベルト

¥8,800税込~

・耐摩耗・強化タイヤ

 ■スイッチ交換

交換時期
・水の侵入
・経年劣化による電源ボタン被膜部の破れ
 
¥10,000~

■モーター・ドライブユニット交換

・交換時期:約7年~
 
¥40,000~

 ■アシスト用チェーン交換

・交換時期:約2年~
・3,000~5,000㎞
・亀裂がある
・著しい延びやサビ
・踏み込むと異音がする
 
¥6,400~

 ■バッテリー

 交換時期:3年~
・700~900回の充電を目安に買い替えが必要
・新車時に比べアシストの走行距離が減った
 
¥24,000~¥53,000

 ■充電器


 
¥10,000~

電動アシスト自転車のメリットと注意点

  • 現在、電動アシスト自転車は様々な場面で皆様の生活になくてはならない物となっております。
    その理由をいくつかご紹介いたします。
  • ・維持費がとてもリーズナブルで経済的である。
  •  (種類によって異なりますが、充電1回の電気代は約5~12円程度です。)
  • ・子供を二人乗せても快適走行できる。
  • ・坂道や向かい風も楽々スイスイ。
  • ・バッテリーの進歩により長距離走行が可能。
    (50~100キロ程度)
  • ・免許なしでも乗れる。
  • ・自動車と違い小回りが利く。
  • ・軽い運動になり健康的である。
  • 以上のように電動アシスト自転車は大変便利な乗り物です。しかしモーターアシストによるブレーキの摩耗や、重量増によるタイヤ等の劣化は避けられません。その為、利用者による車両のメンテナンスは必須です。
    今後、皆様には安心・安全に電動アシスト自転車ライフ楽しくお過ごしいただく為にも、定期保守点検の実施をお願い致します。

日常の点検ポイントとは?

  • ■エアーを定期的に補充する。
    (補充期間:1週間~1か月位)
  • ■風雨や直射日光は出来るだけ避ける。
    (屋根付き駐輪場、室内保管など)
  • ■オイルは各箇所に適した種類を注油する。
    (防錆・潤滑剤、グリス、チェーンオイル、シリコンスプレーなど)
  •  注 意  
    回転部分(ペダル、ハブ、BB)へのスプレーオイルの注油は故障の原因となり厳禁です!
    主なベアリング回転部には固形グリスが注入されており、長期間の注油が不要です。
  • ■洗車やサビ落とし等の清掃をする。
    (研磨剤:ピカール、中性洗剤、パーツクリーナー、ブレーキクリーナーなど)

自転車の各部名称

  • ※ゴムや樹脂類パーツは使用の有無や保管状況に限らず経年劣化いたします。
     安全運転には定期交換を推奨いたします。